\ ポイント最大11倍! /

【レビュー・感想】中身大人気マンガ家の新人がマンガ業界に挑む鬼アツ物語『龍とカメレオン』

石山諒『龍とカメレオン』は、スクウェア・エニックスの「ガンガンJOKER」にて連載中の漫画作品です。

本記事では、今話題沸騰中の『龍とカメレオン』の解説記事になっています!

次に読む漫画を探している人はぜひ参考にしてみてください!

目次

『龍とカメレオン』の特徴

  • 漫画家同士の入れ替わり: 累計発行部数1億5千万部を超える天才漫画家・花神臥龍と、彼を妬む無名漫画家・深山忍が、不慮の事故で身体が入れ替わってしまうという奇抜な設定が魅力です。
  • 熱い漫画家バトル: 入れ替わった二人が、それぞれのプライドを懸けて漫画家として激突する姿が描かれています。漫画制作の舞台裏や、漫画家同士の葛藤、そして漫画への情熱が熱く描かれています。
  • 個性豊かなキャラクター: 主人公の二人だけでなく、彼らを取り巻く編集者やライバル漫画家など、個性豊かなキャラクターが登場し、物語を盛り上げます。
  • 疾走感あふれるストーリー: テンポの良いストーリー展開で、読者を飽きさせません。先の読めない展開にハラハラドキドキしながら、ページをめくる手が止まらなくなります。

『龍とカメレオン』の要約

天才漫画家・花神臥龍は、ある日、事故で無名漫画家・深山忍と身体が入れ替わってしまいます。

最強のルーキーとなった深山(中身は花神)は、漫画界を席巻していきますが、入れ替わりによって身体と地位を奪われた花神(中身は深山)は、かつての自分を超えるために新たな挑戦を始めます。

二人の漫画家バトルの行方はいかに?

『龍とカメレオン』の感想

主人公が漫画家を目指す漫画は幾度となく読んできたけど、ここまで鬼アツいストーリーははじめてかも!

漫画家を目指すストーリーといえば、小畑健・大場つぐみによる『バクマン』が有名ですが、あちらとこちらでは物語の性質が全く異なるんです!

『バクマン』の亜城木夢叶(真城最高と高木秋人の二人組)は、ズブの素人が中学生からプロ漫画家を目指し目標を達成していくというストーリー。

一方、『龍とカメレオン』の主人公は、新人どころか世界で1億5千万部も売れてる作品を書いている超人気漫画家の花神臥龍。

それがある事故によりアシスタントと中身が入れ替わってしまうという展開になるが、花神は新人漫画家として連載を目指していくというまさかの展開に!

しかもその理由が、自分自身を超えていくためとかいうマンガ大好きすぎる内容。

ド新人が漫画界の頂点目指していくストーリーもめちゃくちゃ熱いですが、レベルカンストしたような人が自分に成り代わった相手に真っ向勝負を挑むとか最高すぎる。

自分が好きなことにここまで心血注げるなんてほんとすごいよなあと感嘆してしまった作品です。

一つ言えるとしたら!いま絶対読むべき作品の一つだということです!

『龍とカメレオン』を読んだ人のレビュー

『龍とカメレオン』はどんな人におすすめ?

  • 漫画好き: 漫画制作の舞台裏や、漫画家同士の熱いバトルに興味がある人におすすめです。
  • 熱いストーリーを読みたい人: プライドを懸けて戦う主人公たちの姿に、きっと心を打たれるでしょう。
  • 先の読めない展開を楽しみたい人: どんでん返しの連続で、最後まで目が離せません。

『龍とカメレオン』:まとめ

『龍とカメレオン』は、漫画好きはもちろん、熱いストーリーや先の読めない展開を楽しみたい人にもおすすめの作品です。ぜひ一度読んでみてください。

この記事を書いた人

読書と勉強のために時間を欲するサラリーマン。
年間読書量は100冊ほど。読んだ本の中からオススメを紹介しています。
読書に役立つ時短術やサービスなども紹介しています。

目次