このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています。

『ルックバック』出会うはずのなかった二人の少女が出会った先に待ち受けているのは…藤本タツキが描く青春ストーリー!

藤本タツキ『ルックバック』の感想です。

本作は、『チェンソーマン』や『ファイアパンチ』の作者である藤本タツキ先生が描く青春物語です。

自分に自信しかない少女と引きこもりの少女、この2人が「漫画」を通じて変化していく様を描いた長編短編です。

本作は映画化が決定しており、藤野役を河合優実さん、京本役を吉田美月喜さんが演じます。

2024年6月28日より劇場アニメとして公開予定で、今大注目の青春物語です。

目次

あらすじ

自分の才能に絶対の自信を持つ藤野と、引きこもりの京本。田舎町に住む2人の少女を引き合わせ、結びつけたのは漫画を描くことへのひたむきな思いだった。月日は流れても、背中を支えてくれたのはいつだって――。唯一無二の筆致で放つ青春長編読切。

Amazon.co.jp

読み応えポイント

自信家の藤野と引きこもりの京本

二人の性格はまさに正反対です。

藤野は謎に自信家で、自分なら何でもできると思っているタイプ。

一方の京本は、自分に自信がなく、人との接触を怖がっており、小学生の時から自宅に引きこもっています。

そんな二人ですが、運命的な出会いを果たし、二人で掲げた目標に向かって進んでいきます。

全く性格の違う二人が協力することによって、どのような事態が起きていくのか大注目です。

4コマ漫画による出会い

学校に行っている藤野と家に引きこもっている京本ですが、このような関係図であれば通常は出会うことがありません。

藤野と京本は幼馴染でもなんでもないので、出会うきっかけがありませんでした。

そんな二人が出会う出来事が起きてしまいますた。

それは、学級新聞に掲載されている4コマ漫画です。

元々は、藤野1人が2本掲載していましたが、自宅から出ることのできない京本が学校とのつながりを持つために、掲載枠の一つが譲られたのでした。

そして掲載された作品を見て藤野は驚愕します。

なぜなら、京本はとんでもなく絵がうまかったのです。

落書きのような藤野の絵とは違い、京本の絵は写実的でパースもしっかりと取れていました。

セリフこそない、風景を書いただけの4コマ漫画でしたが、その絵の巧さにクラスメイトは大盛り上がり。

藤野の立場は一気になくなってしまいました。

それから藤野も絵の猛勉強を始めますが、一向に京本の技術に追いつくことはできず、とうとう連載を止めてしまいます。

その後、小学校の卒業証書を京本に渡すように先生から頼まれ、京本の自宅を訪ねた際、二人の運命的な出会いとなったのです。

二人の変化

二人は出会い、変わることができました。

1人ではできないことも、二人でやればなんとかなる。

二人で漫画家を目指し始めました。

自信家の藤野も、京本の絵の才能の前にはさすがに自信を失っていましたが、京本と出会ったことで自信を取り戻し、前を向くことができるようになりました。

一方京本も、対人への恐怖がありながらも、藤野と一緒に頑張る決断もでき、外に遊びに出ることもできるようになります。

高校卒業を控え、いよいよ連載の話が出てきた二人ですが、ここで藤野と京本を分かつある出来事が発生します。

これにより二人はバラバラ。それぞれの道へ進むことになります。

そしてある日、テレビの前の人々を震撼させる恐ろしい事件が起きるのです…

まとめ

チェンソーマンやファイアパンチとは異なり、グロさなどは一切ない、二人の少女による青春ストーリーになっています。

そろそろ田舎町舞台の青春ストーリーを読みたいなと思っているあなたにピッタリの作品です。

映画公開前にしっかり読んで予習しておきましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

大学院にて病院経営を専攻、修士課程修了。
読書と勉強のために時間を欲するサラリーマン。
年間読書量は100冊ほど。読んだ本の中からオススメを紹介しています。
読書に役立つ時短術やサービスなども紹介しています。

コメント

コメントする

目次