このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています。

【感想】『雀蜂』僕らが見ていたものはいったい…衝撃のどんでん返し

 先日、貴志祐介先生の『雀蜂』を読み終えたのであらすじや感想などをまとめておこうと思います。
パニックホラーかと思いきやの短編ミステリ小説でしたので、興味が出た方はぜひご一読ください。

目次

あらすじ

11月下旬の八ヶ岳。山荘で目醒めた小説家の安斎が見たものは、次々と襲ってくるスズメバチの大群だった。昔ハチに刺された安斎は、もう一度刺されると命の保証はない。逃げようにも外は吹雪。通信機器も使えず、一緒にいた妻は忽然と姿を消していた。これは妻が自分を殺すために仕組んだ罠なのか。安斎とハチとの壮絶な死闘が始まった―。最後明らかになる驚愕の真実。ラスト25ページのどんでん返しは、まさに予測不能!

KADOKAWA

感想

 本作品のあらすじを読んだ時点では、昔ハチに刺されたことのある小説家の安斎が、山荘の中でスズメバチの群れに襲われるだけのパニックホラーかと思っていました。
 しかし、貴志祐介作品がそれだけで終わるはずもなく、ラストにはしっかりとどんでん返しが待っていました。
 一緒に山荘にいたはずの妻は姿を消し、脱出することもままならない状況で孤軍奮闘する安斎を見守るだけなので、ラストまでは退屈なシーンが続きますが・・・
 細かいツッコミどころなどはあるかもしれませんが、Amazonレビューほど悪い作品でもないので、Kindle Unlimitedなどで気軽に読んでみるのもいいのではと思います。
 短編小説で約200ページと読みやすい長さになっていますので、ラスト25ページを読むためだけに手を出してみてもいいかもしれません。
 題名からは想像もつかなかった、程良いミステリ作品でした。2周目を読むと見え方が変わってきますので、読み始めた方はぜひ2周目も入ってみてください。


この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

大学院にて病院経営を専攻、修士課程修了。
読書と勉強のために時間を欲するサラリーマン。
年間読書量は100冊ほど。読んだ本の中からオススメを紹介しています。
読書に役立つ時短術やサービスなども紹介しています。

コメント

コメントする

目次