このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています。

『六人の嘘つきな大学生』就活の最終選考はグループディスカッションで内定者を1人決める!?白い封筒により暴かれる裏の顔

浅倉秋成『六人の嘘つきな大学生』の紹介です。

浅倉秋成先生は、『ノワール・レヴナント』『教室が、ひとりになるまで』や『ショーハショーテン』の原作などで知られる方です。

本作は2024年11月22日(金)に映画公開も予定されており、メインの6人の大学生を、浜辺美波さん、赤楚衛二さん、佐野勇斗さん、山下美月さん、倉悠貴さん、西垣匠さんが演じられます。

本作は2部構成になっており、前半は6人の大学生が、株式会社スピラリンクスの最終選考にてグループディスカッションを行うというもの。そこでとある事件が発生し、最終選考者の1人が事件の犯人であると判明。

後半はスピラリンクス最終選考から8年後、彼らがそれぞれの道を歩きはじめてからある程度時が過ぎています。その始まりは、事件の犯人が亡くなったこと、そしてその妹と名乗る人物が、当時のスピラリンクス内定者に接近してきたとによります。そして、この犯人は、真犯人は別にいると主張しています。

犯人の妹はなぜ内定者に近づいてきたのか、真犯人とは一体誰のことなのか。

※ネタバレ微ありになるのでご注意ください。

目次

あらすじ

成長著しいIT企業「スピラリンクス」が初めて行う新卒採用。最終選考に残った六人の就活生に与えられた課題は、一カ月後までにチームを作り上げ、ディスカッションをするというものだった。全員で内定を得るため、波多野祥吾は五人の学生と交流を深めていくが、本番直前に課題の変更が通達される。それは、「六人の中から一人の内定者を決める」こと。仲間だったはずの六人は、ひとつの席を奪い合うライバルになった。内定を賭けた議論が進む中、六通の封筒が発見される。個人名が書かれた封筒を空けると「●●は人殺し」だという告発文が入っていた。彼ら六人の嘘と罪とは。そして「犯人」の目的とは――。

怒濤の伏線回収に驚嘆の声続出! 青春ミステリの傑作が、ついに文庫化!

Amazon.co.jp

作品のポイント

舞台は就職活動の最終選考

本作の主な登場人物たちは就職活動中の6人の学生たちです。

舞台となるのは株式会社スピラリンクスの最終選考。

最終選考の内容はグループディスカッションを行うというもの。

最終選考の方法としては少々奇抜ですが、その内容によっては全員に内定を出すつもりであるという破格の対応。

しかし、最終選考直前になって選考方法が変わることとなります。

その内容は、6人の中から内定者を1人選出するというもの。

つまり、最終選考参加者たち自身で内定者を選ぶという過酷なものへと変更されたのです。

当初のグループディスカッションのためにチーム力を高めてきた6人を襲うこの最終選考の行方はどうなるのでしょうか。

最終選考中に明らかとなる隠された本性

いざ最終選考が始まると、6人は本気で内定を取りにグループディスカッションに臨みます。

しかしその最中、選考会場内にて大きな白い封筒が発見されます。

その中に入っていたのは参加者各人に宛てた白い封筒。

1人が中身を開けると、中から出てきたのは、とある人物に関する告発文です。

とある人物とは、最終選考に参加している1人である、袴田のこと。

そこに記載されている内容は、最終選考までの打合せで袴田が見せてきたキャラクターとは全くの別物でした。

同じように他の最終選考者に関する告発文と写真が封筒の中に同封されていました。

互いに疑心暗鬼になり、足の引っ張り合いになっていくグループディスカッション。

大幅なイメージダウンを乗り越え、内定の座を勝ち取るのは誰なのでしょうか?

犯人の巧妙なトリック

グループディスカッション中に発見された白い封筒ですが、これらにはある仕掛けがされていました。

それは、〇〇の写真は□□の封筒に入っているという文章。

これにより、ある人物に向けた印象操作が仕組まれていました。

その人物は見事に真犯人の思惑に引っかかり、まんまと犯人に仕立て上げられてしまいます。

感想

浅倉秋成先生の文章が読みやすすぎる。

浅倉先生の小説は本作で2作目ですが、作品のボリュームを感じさせないほどにスルスル読める文章が非常に好みです。

複雑な設定でも容易に理解できる文章で書かれているので好みです。

それでいて内容がチープになることはなく、最後まで飽きることのない展開にも脱帽です。

物語が進むごとに手に入る新情報をもとに登場人物たちは謎を解いていきますが、新情報が明らかになるたびにその展開に驚かされます。

本作も同様に、その展開の数々に圧倒されます。

就活が舞台となっているので、社会人の方はたしかにこんなだったよな~と思いながら読み進めることもでき、非常に楽しめるのではないかと思います。

これから就活を迎えるという大学生の方も、なんとなく就活の雰囲気を感じ取れると思います。

登場人物たちの話を聞きながら、僕も当時の就活を思い返したりして、こういうやついたな~!とか思っちゃいました。

僕らの身近である就活という舞台で、これだけのミステリを展開できるのがすごすぎる。

そして面白すぎる。

嘘で塗り固められた就職活動の衝撃の結末は…

著:浅倉 秋成
¥1,188 (2024/05/06 12:35時点 | Amazon調べ)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

大学院にて病院経営を専攻、修士課程修了。
読書と勉強のために時間を欲するサラリーマン。
年間読書量は100冊ほど。読んだ本の中からオススメを紹介しています。
読書に役立つ時短術やサービスなども紹介しています。

目次