このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています。

【感想】『法廷遊戯』読み進めるごとに二転三転する法廷ミステリ!被告人と弁護人に仕掛けられた無辜ゲームの真相とは

五十嵐律人『法廷遊戯』の紹介・感想です。

法廷遊戯』は、2023年に永瀬廉さん主演、他杉咲花さん、北村匠海さんが出演された映画として話題になりました。

第62回メフィスト賞受賞作家でもあり弁護士でもある五十嵐律人さんによる本作は、法廷を舞台としたミステリです。

主人公の久我清義と織本美織、結城馨は、同じロースクールの同級生。ロースクールを卒業し、晴れて弁護士となった清義のもとに、馨から無辜ゲーム開催のメールが送られてくる。

指定した場所に向かった清義が現場で見たものは、胸にナイフを突き立てられ横になっている馨と血に塗れた美織だった…

清義はこの殺人の謎を解けるのか?美織は本当に無罪なのか?

読み進めるごとに状況が二転三転する法廷ミステリは、きっと最後のページまで手が止まることはないでしょう。

本記事は微ネタバレを含んでいます。

目次

無辜ゲームとは

無辜ゲームとは、法都大ロースクールで行われている人を裁くゲームのこと。

審判者を結城馨が務め、それ以外のクラスメイトが告訴者と傍観者として参加している。

告訴者は、自分の身に降りかかった被害を罪という形で、必要な証拠調べを請求して罪を犯した人物を特定していきます。

審判者が抱いた心証と告訴者の指定が一致した場合、犯人が罰を受けることとなります。

両者の間に意見の齟齬が生じた場合は、告訴者が罰を受けることになります。

今回は、この無辜ゲームを利用して織本美鈴に無辜ゲームが仕掛けられます。

清義は、無実を主張する殺人容疑の織本美鈴を救うことができるのか。

久我清義と織本美鈴の関係

同じ法都大ロースクールに通う久我清義と織本美鈴は同級生です。

しかし二人はロースクールで知り合ったわけではなさそう。

以前からの知り合いであり、訳あってその関係を隠している様子。

二人の過去とは一体何なのか?

清義と美鈴への嫌がらせの犯人は誰なのか?

この物語の謎を解く鍵はこの二人にありそうです。

馨の死の真相とは

馨の死の真相は驚愕すぎた。

とうとう真相が法廷で突き止められて物語も終わりに向かうかと思いきや…でした

まだ解決されていない謎が残っていたのです。

僕らが見落としていた重大な謎が。

僕たちが感じていたであろう違和感は終盤急速に大きくなり、最後に清義と美鈴から真相が明かされます。

まとめ

無辜ゲームという法都大ロースクールのあるクラスのみにあるゲームを利用した殺人事件。

これらの謎を解く鍵は織本美鈴が握っています。

清義に弁護人を依頼したはずの美鈴はなぜ黙ったままなのか?

然るべき時に明かすという美鈴の言葉は…

彼女の言動を真に読み解けたとき、驚愕の真実が明らかになります。

刑事罰に関する法律なんかもわかりやすく一部出てきますが、非常に理解しやすい言葉で書かれているので、法律に疎い僕でもスルスルと読めてしまいました。

二転三転していくストーリーが好きな方はぜひ読んでみてください。

著:五十嵐律人
¥880 (2024/05/20 16:41時点 | Amazon調べ)
著:束ユムコ, その他:五十嵐律人
¥759 (2024/04/06 13:31時点 | Amazon調べ)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

大学院にて病院経営を専攻、修士課程修了。
読書と勉強のために時間を欲するサラリーマン。
年間読書量は100冊ほど。読んだ本の中からオススメを紹介しています。
読書に役立つ時短術やサービスなども紹介しています。

目次